2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

SW12インチフィギュア&マシーネン&ソフビ系


プロフィール

マメ☆ザ☆ハット

Author:マメ☆ザ☆ハット
いらっしゃいませ!
スターウォーズ12インチに
どっぷりはまり。
「ルパン」や「レゴ」「LSIゲーム」
「マシーネンクリーガー」やプラモ
はたまたロードバイク自転車など
ごった煮ですがよろしくお願いします。
基本リンクフリーです。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
10

Category: キャンプ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

思い立ったら玉淀河原へ
こんばんはマメです
玉淀河原000
3連休中日に「玉淀河原」へソロキャンにGO
今回は玉淀湖の偵察ということでカヤックは封印

到着が夕方の5時頃(遅)
真っ暗になる前に慌ててテントを建てますが
テンパってたのか建て方をスコーンっとど忘れして
手間取りまくって
結局真っ暗闇の中YOUTUBEで見て建てました。
玉淀河原001


次は焚き火です。
これがなかなか本火になってくれず
近くの火種になりそうな拾い物がなくなって
う〜んと考えてると
車に広告のパンフとかがあったのを思い出し
それをこれでもかと千切って丸めて火種にしていると
やっとこさでっかい薪に火がつき安定してきました。
玉淀河原002
実は薪といっても先日会社からもらってきた
IMG_2975.jpg
木製パレットで箱を作ったあと余って
IMG_3001.jpg
処分に困っていた大量の端材なんです。
無駄無く利用出来てよかったよかった

お次は珈琲でも一杯いっときますかと
IKEAのマキネッタで濃いのを作り
魔法瓶でもってきた牛乳を足して
カフェオレのできあがり〜
玉淀河原003
腹も減ってきたので
お次は夕飯のパスタでも作ります。
こちらもIKEAのおままごとセットを
本気使いしています。
玉淀河原004
なんか鍋に対して
ギリギリですがこれでも
半分に折っています。
玉淀河原005
なんとか全部を茹で終わり
キューピーのパスタソースの
カルボナーラをまぜるだけで完成
濃厚チーズ仕立てはダテじゃなかった
見た目は普通ですが結構チーズが濃くて
美味しかったです。
しかもこのソース温めなくてもよいのが
またラクでした。


そして茹で汁も捨てずに
クノールカップスープの「きのこのポタージュ」にします。

キノコ好きにはたまらない
お味でした。
ゲプうう

玉淀河原006
そうこうしているうちに
薪にしていた端材も底をつき
燃やす物がなくなりました。
しかし風向きが悪く煙がテントに直撃!
いい感じでテントが薫製状態に、、、
テントの建てる位置や
焚き火の位置 関係もよく考えなきゃなあと
勉強になりました。

そんな薫製のような臭いのするテントで
玉淀河原007

明日の玉淀湖の偵察する場所を確認しつつ
荷物を整理して就寝です。いやあ本当に暖かくて
寝袋もほぼ使いませんでした、、、

そして次の日
玉淀河原008

河原を散歩 ここでも充分
カヤックができそうだなあフムフム

撤収後玉淀ダムに
玉淀河原009
なんとなく無料の出艇場所も見つけて
ダムも見て今回は帰ることにしました。

次回は玉淀湖に是非ともカヤックしに
いきたいところです。
マメでした。

スポンサーサイト

01

Category: キャンプ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

焚火台を試してきたよ
こんばんはマメです。

今回は焚火台を試しに
彩湖に行ってまいりました。
top_fire03.jpg

ちなみに購入したときは
こんな箱で届きました。
stand_hako.jpg
専用の収納袋も入ってました。
なんかヒモも付いています、、
stand_hukuro.jpg
足の部分をひっぱりだし
stand_asi.jpg
丸まっているネットもひっぱりだし
(使用後に撮影したので焦げてますが)

stand_net.jpg

スタンドを組みます。
ただ順番にぐるっと倒していくだけで
すごいカンタン
stand_anime.gif

続いてネットを張ります
ネットの四隅に付いてる
この金具を
stand_net2.jpg

先程組んだスタンドの
筒の先っぽにつまんで
4箇所差し込みます。
stand_net3.jpg

はいできました。
stand_net4.jpg


ちなみに帰ってきて気付いたのですが
この天板のネットは巻いているので
くるんと癖が付いているんです。
向きによってはもこっと上に盛り上がってしまうので
軽い枝とかは落っこちそうで危ないです
石とかあればよかったのですがなく

そこでネットも金具もひっくり返して使うと
ネット全体がへこんで上に載せたモノも
安定したなあと思ったのも後の祭り、、、
まあ重い薪ならもう関係ないですがね

そんな訳で
そこらに落ちてる枝やら
落ち葉を拾いまくり
takibi01.jpg
悪戦苦闘してやっとこさ
ファイア〜!!
1506845784Uaw6FhUffRSEP_l1506845783.gif
takibi02.jpg

いやあ焚き火って良いものですね
ぼ〜っと見てると 
色々な事が浄化されて行く感じが、、、
と言ってる暇もなく
次から次へと燃料を足さないと
火が消えてしまうので
枝やら落ち葉やらを拾いまくってきては
足してとバタバタしてました。

次のキャンプに向けて
よい実験にもなりました。

次はなんか料理とか暖に
ちゃんと使いたいです。

灰は冷やしてから袋に集めて
持って帰ってきました。
次は缶もっていこうっと

マメでした。



安くて使いやすかったですよ〜

24

Category: キャンプ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

カヤックのコックピットカバー自作に挑戦。

IMG_3134.jpg
こんばんはマメです。
本日は前々からやろうと思ってた
「カヤックの
コックピットカバーを自作」

にチャレンジしてみたいと思います。

私パドリングがへたなのか
一生懸命こいでると水がばしゃっと
船の中に入ってしまうのです。
どうにかならんかと調べていると
コックピットカバーなるものが
あるのですが
すごい高い、、、

なので自作することにしました。

材料は

自転車カバー
・100円均一で昔買った自転車カバー

袋ヒモ
(画像は拾ってきたものです。)
・巾着型のショッパー袋に着いているヒモ×2本

両面テープ
・なるべく強い両面テープ

あとはハサミ一本でできます。

それでは早速
IMG_3119.jpg
IMG_3123.jpg
コックピットに自転車カバーをかけて
IMG_3124.jpg
ヒモでくるっとかこって縛ります。
IMG_3125.jpg
ヒモが後で調節する時に通りやすいようにトンネル作る感じで
両面テープで自転車カバーをくっつけていきます。
IMG_3129.jpg
所々両面テープを開けて貼って
後々ヒモが引っ張れるようにしときます。
IMG_3127.jpg
要らない所を切り落として
とりあえずカバーになりました。
IMG_3133.jpg
そして私が入る穴を開けココも
破けないように折って両面でくっつけて
補強して腰が通るようにしました。
IMG_3134.jpg
完成!

縫い物とかは苦手なので
今回両面テープでくっ付けました。
強度的には弱いのですが
水がすこし防げればよいのでこんなもんで
良いかなっと思っています。

すべて捨てそうだった物を材料に
リメイクしているので
お金がかからずよかったです。

ただこの自転車カバー
コンビニの袋より弱いです。
キャンプ道具にアレンジする材料としては
加工しやすくて良いのですが
引っ張ったらすぐ穴やちぎれたりします、、
このコックピットカバーもとりあえず
第一号、、、
次はもうちょっと強度のある
いらないポンチョとか
カッパなどをバラして作っても良いかな
と思っております。
ヒモもゴム製のものにしたら
よりフィットしてくれるかなとか考えています。

そんなわけでコイツを次回
実践投入したら。

また感想でも載せてみます。

マメでした。

10

Category: キャンプ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

キャンプ道具の小ネタです。
こんばんはマメです。

キャンプコネタ5連発です。

1発目は
30年位前のシングルバーナー
EPI gasのバックパッカー
を使っているのですが。

IMG_3017.jpg
しかしこの風防のお皿が
金属音がガタガタして結構うるさい、、
IMG_3018.jpg
そこでこんなものをパイプカット
してきてですね
IMG_3020.jpg
間に挟んで風防の皿を抑えさせ
IMG_3021.jpg
ガタつきを抑えました。
これでスッキリしました。

2発目の小ネタは
IMG_3033.jpg
IMG_3034.jpg
IKEAの子供クックセットを
マジックテープでまとめまして
収納しやすくしました。


3発目の小ネタは
IMG_3022.jpg
懐中電灯と
靴下とか洋服を買った時に付いていた
フックと輪ゴムで
IMG_3029.jpg
吊るせるようにしました。

あと道具のご紹介を少々
4発目の小ネタは
IMG_3012.jpg
シングルバーナーの缶に
一緒に入れている便利グッズ
camp_tool01.jpg
雑誌のおまけなのですが
左)コロンビアのフォーク&スプーン
右)ポーターのペンチ
camp_tool02.jpg
ソロキャンプでは
精度はまあまあですが
かなり便利です。

ラストは
5発目の小ネタはカップです
IMG_3038.jpg
ダイネックスの赤いカップも
キャンプらしくていいのですが
実は最近景品などでもらえる
タンブラーを使うようにしています。
なぜなら、、、、、

一度虫ごと飲んで
ブーッと拭いたことが、、、、、

失礼しました。

そんなわけでキャンプ小ネタ5連発
マメでした。

10

Category: キャンプ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

パレットで木箱をDIY
こんにちはマメです
今回はDIYネタです。
IMG_2975.jpg
仕事先からパレットをもらってきました。
ずっと前から捨ててしまうのは
もったいないなあ〜って
思ってたんですよねえ

そこでこれを材料にキャンプ道具を入れる
木箱作成にチャレンジしてみます。

まずは解体です。
IMG_2976.jpg
これが中々大変です。
スクリューのかかった5寸釘が
これでもかと刺さっています。
なるべく材料として使いたいので
板を長めに取っておきたいのですが
釘が集中している所はしかたなく切り落とし
今回は捨てる事にしました。
IMG_2977.jpg
今回使用したのは板の部分だけでしたが
なんとか使えそうな部分はこんな感じです。

その後、板材をカット→ガンタッカーで仮組
ネジ穴開け
(ネジ山もちゃんと入るように太ドリルで浅彫り)
ネジをガシガシ打ち込んで組みました。
IMG_2980.jpg
途中、板が割れるかと思いましたが
ネジ穴をちゃんと開けといたのが効いたようです。

その後蓋を作りまして
何か足らないなあと思い
持ち手の穴を開けてみました。
IMG_2997.jpg
それっぽくなりました。

最後にヒノキのエキスを塗りまくり
虫対策を一応して
IMG_3001.jpg
IMG_3004.jpg
完成!

感想です。
木材は歪みや反りがあり、穴が開いてたり
ささくれていたりと組みづらかったり
キレイではないです。

また使えない箇所が結構でてくるので
ゴミが大量に出ます。
捨てる為に小さくするので結構な作業です。

測って買ってきたものではないので
いかにある素材を生かして
目的のものを作るか
頭をかなりひねるため時間がかかります。

防腐剤や防虫はされていない状態なので
なんらかの液を塗らないといけない。

解体には結構、力がいります。

というわけで思ったのが正直 骨が折れます。
買ってきた材料でちゃっちゃと作ったほうが
作業時間も早いです。
しかもキレイにできるでしょう、、、

ただ捨てるはずだったものが
生まれ変わり道具になることは
何か使う方もうれしいものです。


もう一個作るかは迷い中ですが、、、
マメでした。